タイトル1 タイトル2IT&ストラテジーコンサルティング
 タイトル2
ITサービスマネジメント情報セキュリティマネジメント(ISMS)研修・コンサルティング無料アセスメントシート教育・研修無料セミナー会社概要お問い合わせ

 

ISO/IEC20000ファンデーション資格について

【ISO/IEC20000とは?】
  ISO/IEC20000は、ITILを参照してまとめられたITサービスマネジメントの国際標準規格です(ITSMSとも言われています)

 わかりやすく言い換えると、ITサービスマネジメントのグッドプラクティス(理想的なお手本)であるITILから「どのような組織でも共通してやっておくべきこと」を抜き出したものであると、言えます。

 つまり、ISO/IEC20000で言われていることは、「こうするのが理想だ」と書かれているITILに比べハードルが低く、より現実的な「やるべきこと」を中心とした内容となっています。

 また、ITILはバージョン3になり、適用範囲を拡張し、戦略から運用・改善までのすべてを網羅したライフサイクルアプローチによる、より高次元の内容へとステップアップしたため、運用管理の手法としては乖離がおきてしまっています。

換言すると、運用管理の基礎ができている組織が次にやるべきことが書かれたのが ITILバージョン3です。

 つまり、ITILバージョン3に取り組む前に、まずISO/IEC20000の要求事項を満たすことが必要なのです。 (認証取得をするかしないかは別次元の判断となります)

【他の関連資格との違いは?】
ITILファンデーション資格認定試験とISO/IEC20000ファンデーション認定試験では、次のような違いがあります。

ITILファンデーション ISO/IEC20000ファンデーション

ITILV3をベースに、戦略から設計、運用、改善までのプロセスのグッドプラクティス及び用語などを広く浅くフルカバー

マネジメントシステムの概要及びISO/IEC20000-1,2をベースサービス運用、改善に関するプロセスの具体的達成目標(要求事項)及び用語などを深く狭くカバー

 また、ISO/IEC20000に関連した資格として、審査員、内部監査員などがありますが、これらの資格は、IISO/IEC20000の要求事項に沿った審査や監査の業務についての知識や能力を問うものであり、審査業務に携わる方、若しくは審査を受ける側の窓口となる方を対象とした制度です。

 一方で、ISO/IEC20000ファンデーションは、「マネジメントとはどういうことか?」「ISO/IEC20000の要求事項にはどのようなことが書かれているか」などの基礎知識を問うもので、ITサービスマネジメントの実務に従事している方、若しくはそれらの方々の管理をされている、現場の方を対象とした資格です。

【だれが学習すべきか?】
  ISO認証を取得する際には、内部監査員等を育成し、その方々が主導となって、管理の仕組みを構築・改善しているというのが一般的な方法ですが、管理されている側の現場で業務を行う方々は、「なにをするべきなのか?」「なぜ、そのようなことを行うか?」を理解できておらず、やむを得ず「言われたことを言われたとおりに行う」だけの行動を取るようになり、また認証取得に伴う業務負荷の増加や様々な制約などにより、モチベーションが低下し、一向に品質改善が進まないという状況を多々目にします。

 また、ISO/IEC20000認証取得までは行わなくても、ITサービスの品質改善をおこなう際には、ISO/IEC20000の要求事項を参考にすることが有効であると認知されておりまですが、この場合も一部の方のみが要求事項を理解しているのみで、現場業務を行う方々は前述と同様になってしまってる場合が多々あります。

   このような現場の方々がこのISO/IEC20000資格認定を目指すことをきっかけに、マネジメントシステムやISO/IEC20000について学習されるることで、「なにをするべきなのか?」「なぜ、そのようなことを行うか?」が正しく理解されるようになり、モチベーションや行動が変化し、それが結果として品質の継続的改善に結びつきます。

   従いまして、ITサービス品質の改善活動を実施している組織、ISO/IEC20000認証を目指している若しくは既に取得済の組織などの、現場スタッフ、マネージャレベルの方にISO/IEC20000ファンデーション資格認定を取得されることをお勧めいたします。

 

ISO/IEC20000ファンデーション資格取得研修
■ISO/IEC20000ファンデーション試験対策研修(ITサービスマネジメントの基礎から2日間でじっくり学習)
■ISO/IEC20000ファンデーションブリッジ研修(ITIL®資格保有者向けに1日で学習する短縮コース)