本研修は、ITILファンデーション(V3-2011)をお持ちの方(同等知識をお持ちの方を含む)を対象に、ITIL4ファンデーションの内容を理解していただく研修です。
研修カリキュラムは、AXELOSの認定を受けた公式のものになります
(講義やコースウェア、模擬試験は全て日本語です)

研修内容は、ITILファンデーション(V3-2011)の内容を理解していることを前提におこないます。事前にITILファンデーションの内容を復習したうえでご受講ください。

受講に必要な前提知識等は、こちらでご確認ください。

【研修時間割】
・9:30〜12:00 講義1
・13:00〜14:30 講義2
・14:30〜15:30 模擬試験1及び解説
・15:30〜16:30 模擬試験2及び解説
・17:00~18:00 ITIL4ファンデーション認定試験

【講義内容】
・ITILの歴史とITIL4の位置付け*
・ITIL V3と ITIL4の相違点*
・ITIL4の構成*
・サービスマネジメントの重要な概念
・従うべき原則
・サービスマネジメントの4つの視点
・ITILサービスバリューシステム
・サービスバリューチェーン
・15のITILプラクティスの目的と重要用語
・7つのITILプラクティスの理解
・ITIL4の活用方法*
・模擬試験(40問×2種類)

*=ITIL4ファンデーションの公式シラバス(講義項目)に定義されていない弊社独自の内容です

【事前学習用確認テスト】
 研修受講前にITILファンデーション(V3-2011)の重要なポイントを確認するe-learning(練習問題20問)にて、理解度を確認していただけます。
(PC,スマートフォン対応)
ご自身がどの程度理解できているかを確認していただき、理解できていない箇所は、よく復習をしておいてください。

※実際の教材とは異なります

【コースウェア及び演習問題模擬試験】
 講義には、AXELOSより提供された標準コンテンツと弊社オリジナルのコンテンツをあわせたオリジナルのコースウェア(パワーポイント資料)を使用します。

コースウェアは全て日本語で作成しております。
また、AXELOS作成の公式模擬試験問題を2種類ご提供いたします。

【要点チェックシート】
弊社オリジナルの「ITIL4ファンデーション試験要点チェックシート」を研修時に差し上げております。
ITIL4ファンデーション試験で出題される大事なポイントが整理されたシートです(穴埋め問題形式)

20名以下の少人数制研修ですので、ご質問等は気軽に行ってください。

【ITIL4ファンデーション認定試験】

  • 試験問題数 40問
  • 制限時間 60分
  • 合格基準 26問以上正答(65%以上)
  • 出題形式 多項選択式(4択)

※弊社東京オフィス(日本橋浜町)では、コンピュータ試験で実施しますので、その場で結果が判明します。
他の会場では、原則としてマークシート方式の試験となりますので、結果発表は2営業日後となります。


ITIL4ファンデーション速習1日研修

お問い合わせはできるだ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。お急ぎの場合は以下の電話番号にお電話ください。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ