ITIL4では、「モジュール」という形で整理された6冊のコア書籍で編成されており、それぞれの書籍ごとに研修および資格認定試験が用意されております。

本図は認定教育機関(ATO)としてのAXELOSとの使用許諾契約に基づき掲載しております。無断転載・二次利用は著作権法に基づき固く禁止されております。

ITILファンデーションは、ITIL4の全体像を示したものです。

上位の書籍および認定試験は、ファンデーションで説明した内容を分野ごとに深堀した5分野から構成されております。

それぞれの認定資格のほか、ITILスペシャリストの3種類の認定試験およびITILストラテジストの1つの認定試験、計4種類の認定試験に合格した方には「ITILマネージングプロフェッショナル(MP)」に、ITILストラテジストの1つの認定試験 とITILリーダーの1つの認定試験、計2種類の認定試験に合格された方には、「ITILストラテジックリーダ(SL)」に認定されます。
(上位の試験を受験する際には、ITIL4ファンデーション資格認定を受けていることが必須となります)

ファンデーション認定資格は、研修の受講は必須ではなく自己学習された方でも受験が可能です。
(ただし、正しい知識を身につけていただくために認定カリキュラムに基づいた研修の受講が強く推奨されております)
上位の認定資格については、認定カリキュラムに基づいた研修の受講が必須となっております。

参考までに、ファンデーション研修の講義の推奨時間は12時間、上位資格の講義の推奨時間は18時間となっております。

また、最上位の認定資格として「ITILマスター」認定資格がありますが、こちらは、ITILを活用した業務の実績やインタビューなどによって付与される資格であって、研修や試験は存在しません。(V3のマスターと同様の制度)

なお、V3のエキスパートをお持ちの方、もしくは17クレジット以上を取得されている方には、「MPトランジション(移行)」という制度が設けられており、同制度に基づいた研修を終了し試験に合格することによって、ITIL4ファンデーションと 「ITILマネージングプロフェッショナル(MP)」資格と同等の資格を持っていると認定されます。
(講義の推奨時間30時間)
それ以外のV3認定資格からの移行制度は設定されておりません。

ファンデーションは2019年2月から、上位の書籍や試験は2019年11月より順次リリースされております。(当初は英語のみ)
弊社では日本語試験が始まり次第、順次研修をリリースしていきます。
最新情報をお知りになりたい方はぜひ弊社メールニュースにご登録ください。

作成・提供・サポート(CDS)の概要

概要「中核的な」サービスマネジメント・アクティビティについて取り上げる。さらに、従来の ITILの範囲を拡張し、サービスの「作成」までを扱う。明確な形で業務手法を変更した...

続きを読む

利害関係者の価値を主導(DSV)の概要

概要サービス・プロバイダとその顧客、ユーザ、サプライヤおよびパートナとの間のあらゆる種類の関与および相互関係を扱う。 IT対応サービスによる需要の価値への転換に重点が置か...

続きを読む

ハイベロシティIT(HVIT)の概要

概要ハイベロシティ環境において、デジタル組織およびデジタル運用モデルがどのように機能するかを解説する。意欲的な組織および実務家向けのモジュールであり、ITにおける変革とデ...

続きを読む

指示・計画・改善(DPI)の概要

概要IT戦略全体で ITILの手法を活用し、強力で効果的な戦略的方針のもとで「学習し改善を続ける」IT組織を構築する能力を身に付けることができる。戦略と運用が明確に関連し...

続きを読む

デジタル&IT戦略(DITS)の概要

概要デジタル戦略と IT戦略の戦略に焦点を当てる。組織が直面する主な課題を取り上げ、組織の目標を達成するためには両戦略の連携が不可欠であることを説明する。また、ITILの...

続きを読む

ITサービスマネジメントおよびITIL

現在テレワーク比率が高くなっているため、お問い合わせはできるだけ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ フォームからお問い合わせができます。