■リーダーシップ資格の目的
リーダーシップ資格の目的は、受験者がDevOpsの基本的なスキルについて十分な知識と理解をもっていること、そしてDevOps環境のメンバと共に、またはそのメンバのリーダーとして、これらのスキルや知識を分析し、適用して、効果的に仕事ができることを確認することです。PeopleCert DevOps ファンダメンタル(以下、ファンダメンタル)資格が、このリーダーシップ資格の前提条件になっています。

■対象となる受験者
リーダーシップ資格は、PeopleCert DevOps資格のスキームの2番目のレベルとなっており、DevOps環境の有能なリーダーになりたい人を対象としています。受験者には、DevOpsの用語、原則、ツール、プラクティスについてしっかりとした知識と理解をもつこと、および効率的かつ効果的にツールを使いこなす応用力があることを示すことが求められます。また、この認定は個人として認定を求める受験者にも対応しています。
この認定の資格保有者は、リーダーレベルの知識をもち、さまざまなツールを活用するDevOpsリーダーシップのプラクティスをしっかりと理解して、それをDevOpsのプラクティスに関わる日常業務に適用できることを証明されます。 なお、この前提となる基礎レベルのスキルと知識は、PeopleCert DevOps資格のスキームのファンダメンタルレベルでカバーしています。

■学習目標
リーダーシップレベルのコースで受験者が学ぶことは、DevOpsのリーダーが、DevOpsの変革を明確化し、計画し、アプローチし、さらにその結果を検証し、維持するために使用するコンセプト、用語、原則、ツールです。さらに、DevOpsのフルスタックアプローチを組織にどのように導入し、実行していくかを学びます。それと同時に、現代の企業がDevOpsのリーダーシップを必要とするのはなぜか、そして価値の提供とどのように整合させていくのかを理解します。また、スクラムの方法論、人と文化の意味合い、組織にDevOpsを適応させるために使用するプラクティス、プロセス、自動化、テクノロジについても学習します。
リーダーシップ認定の資格保有者は、次に示すようなDevOpsの知識と理解と実際的な応用力を実証することができます。
• リーダーシップとは、そしてDevOps におけるリーダーシップとは
• DevOpsの変革によりどのように組織を導くか
• DevOpsの緊急性を浸透させる
• ビジネス目標を明確化し調整する
• 変革のビジョンと戦略を構築する
• 不可欠なステークホルダを特定し動かす
• 自己組織化された文化と機能横断型チームを導く
• フィードバックを集め、伝えて、組み込む
• バリューストリームを横断するフローを可能にする
• 作業をイテレーションに分解して学習と経験を加速させる
• 継続的デリバリへ向かって導く
• 継続的改善の文化を導く
• イノベーションへ向かって導く
• 組織の対障害弾力性と持続可能性を向上させる

■試験概要
・出題形式:多岐選択問題 20問
・試験時間:60分
・合格基準:70%(20問中14問正解)
・参考資料の持ち込み:禁止
・受験前提条件:PeopleCert DevOps Fundamentals認定の資格を保有していること
・認定の有効期限:無期限

■受験方法
下記の2つの方法で受験可能です。(日本語・英語で受験可能です)
IT&ストラテジーコンサルティング試験センター(東京・新大阪)にて会場受験
PeopleCertオンライン監督試験(OLP)にてオンライン受験

テレワーク比率を高めておりますので、担当者が不在のことが多々あります。お問い合わせは電子メールにてお願いします。info@itstrategy.jp営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせフォーム フォームからもお問い合わせができます。