本研修は、ITに関する専門知識をお持ちでない方でもITIL4ファンデーションの内容を理解しITIL4ファンデーション認定試験に合格できる知識を身につけていただくことを目標としております。
研修カリキュラムは、AXELOSのシラバス(試験範囲)を満たした内容となっており、同社の認定を受けた公式のものになります。
研修内では、模擬試験を3回行うほか、自習用の練習問題(スマホ対応)や穴埋め問題形式の弊社オリジナル要点チェックシートを配布するなど、アウトプット重視の内容となっております。

【研修時間割】
1日目
・9:30〜12:00 講義1(途中10分の休憩1回)
・13:00〜16:00 講義2 (途中10分の休憩1回)
・16:00〜17:00 模擬試験1及び解説

2日目
・9:30〜12:00 講義3
・13:00~14:00 模擬試験2及び解説
・14:00~15:00 模擬試験3及び解説
・16:00~17:00 ITIL4ファンデーション認定試験

【講義内容】
・ITILの概要と歴史*
・ITIL4の構成*
・サービスの価値評価やもつべき視点*
・経営学におけるバリューチェーン *
・サービスマネジメントの重要な概念
・重要な用語の定義
・従うべき原則
・サービスマネジメントの4つの視点
・ITILサービスバリューシステム
・サービスバリューチェーン
・関連する標準やフレームワーク(クラウド、アジャイル、DevOps、ISO/IEC20000など)*
・15のITILプラクティスの目的と重要用語
・7つのITILプラクティスの理解
・ITIL4の活用方法*
・模擬試験(40問×3回)

*=ITIL4ファンデーションの公式シラバス(講義項目)に定義されていない弊社独自の内容です

※実際の教材とは異なります

【コースウェア及び演習問題】
 講義には、AXELOSより提供された標準コンテンツをベースに、標準コンテンツのわかりにくい部分を修正したり、日本の現状等を鑑みて付け加えた弊社オリジナルのコンテンツをあわせた、独自のコースウェア(パワーポイント資料)を使用します。

※標準コンテンツをベースにしておりますので、今後開発される上位資格のコンテンツや試験内容との一貫性が保たれております。


演習問題(模擬試験)は弊社オリジナル1種類、AXELOS公式模擬試験2種類です。

コースウェア・模擬試験は全て日本語で作成しております。
研修当日に印刷した資料・演習問題をお渡しいたします。
(電子媒体での配布はございません)

【要点チェックシート】
弊社オリジナルの「ITIL4ファンデーション試験要点チェックシート」を研修時に差し上げております。
ITIL4ファンデーション試験で出題される大事なポイントが整理されたシートです(穴埋め問題形式)


【自習用web練習問題】
研修の中で行う模擬試験(3種類)のほか、1日目の終了時にPCやスマートフォンからアクセスできる模擬試験問題のアクセス権をご提供します。
ご自宅に帰る途中の電車の中等でも利用可能ですので、1日目の復習にご活用ください。


20名以下の少人数制研修ですので、ご質問等は気軽に行ってください。

【ITIL4ファンデーション認定試験】

  • 試験問題数 40問
  • 制限時間 60分
  • 合格基準 26問以上正答(65%以上)
  • 出題形式 多項選択式(4択)

※弊社東京オフィス(日本橋浜町)では、コンピュータ試験で実施しますので、その場で結果が判明します。
他の会場では、原則としてマークシート方式の試験となりますので、結果発表は2営業日後となります。

ITIL4ファンデーション試験対策研修(2日間)

お問い合わせはできるだ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。お急ぎの場合は以下の電話番号にお電話ください。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ