本研修は、集合研修とオンライン研修およびe-ラーニングの3つのスタイルで提供しております。
集合研修とオンライン研修は使用する教材は同一ですが、講義方法、問題演習の実施方法等が異なります。
(各研修スタイルに合わせて最適化しております)

e-ラーニングコースはこちらをご覧ください。

本研修は、ITに関する専門知識をお持ちでない方でもITIL4ファンデーションの内容を理解しITIL4ファンデーション認定試験に合格できる知識を身につけていただくことを目標としております。
研修カリキュラムは、AXELOSのシラバス(試験範囲)を満たした内容となっており、同社の認定を受けた公式のものになります。

概要や用語など、独学でも理解できる部分及び問題演習を各自のペースでおこなっていいただける問題演習は、 オンデマンド方式のe-learningで各自ご自身のペースで行っていただくことで、双方向のオンライン研修を一日(6時間)でおこなう、ハイブリッド方式の研修となっております。

【コースの流れ】
1.オンデマンド方式のe-learningによる事前学習(6時間程度: HTML5に対応したブラウザを搭載したPC、スマホ、タブレットでアクセス可)
2.オンライン研修(6時間:ZOOMウェビナー)
3.問題演習(オンデマンドe-learning:4種類,HTML5に対応したブラウザを搭載したPC、スマホ、タブレットでアクセス可)
4.試験受験(弊社試験センター、オンライン試験、プロメトリック試験センター)

【講義内容】
・ITILの概要と歴史*
・ITIL4の構成*
・サービスの価値評価やもつべき視点*
・経営学におけるバリューチェーン *
・サービスマネジメントの重要な概念
・重要な用語の定義
・従うべき原則
・サービスマネジメントの4つの視点
・ITILサービスバリューシステム
・サービスバリューチェーン
・関連する標準やフレームワーク(クラウド、アジャイル、DevOps、ISO/IEC20000など)*
・15のITILプラクティスの目的と重要用語
・7つのITILプラクティスの理解
・ITIL4の活用方法*
・模擬試験(40問×4回)

*=ITIL4ファンデーションの公式シラバス(講義項目)に定義されていない弊社独自の内容です
※講義で使用する教材は集合研修と同一です。

【要点チェックシート】
弊社オリジナルの「ITIL4ファンデーション試験要点チェックシート」を研修教材と一緒にお送りします。
ITIL4ファンデーション試験で出題される大事なポイントが整理されたシートです(穴埋め問題形式)

コースの流れ詳細

1.事前学習
 研修1週間前にお送りする教材及びオンデマンド方式のe-learningで、学習を行っていただきます。
e-learning教材は、HTML5に対応したブラウザであれば、PC、タブレット、スマートフォン等から利用可能です。
ナレーション入りのコンテンツですので、スピーカ、ヘッドフォン等で音声が聞き取れる環境でご利用ください。(サンプルデモ

オンライン研修(ウェビナー)画面イメージ

2. オンライン研修
ZOOMウェビナーにて研修を行います。(画面にお送りした教材と同じものを表示しながら研修をおこないます)
ZOOMの使える環境でしたら、PC、タブレット、スマートフォンでもアクセス可能ですが、スマートフォンは画面が小さいのでお勧めしておりません。
講師とのコミュニケーション用にマイクとスピーカ(ヘッドホン等でも可)が必要となります。
オンライン研修は、通常10:00~17:00の6時間です(途中1時間前後で10分間の休憩及び1時間の昼食休憩をとります)
ご質問や聞き取れなかった場合等、常時質問をお受けいたします。

本研修で利用する配信システムは、オンライン会議等で使用する「ZOOMミーティング」ではなく、セミナー開催のための「ZOOMウェビナー」であり、1:N(講師:複数の受講者)でのコミュニケーションを前提としたシステムになっております。

そのため、受講者が他の受講者の氏名等個人情報の取得ができない仕組みとなっており、また受講者側のカメラは使わない設定となっておりますので、情報漏洩等の心配はありません。

なお、1社様貸切研修の場合は、他のシステムを利用して研修を実施することも可能です。

3.問題演習
オンライン研修終了後、本試験と同様のスタイル・レベルの練習問題をオンデマンド方式のe-learningで4種類ご提供します。(解説付)
問題や選択肢の順序は毎回ランダムに変わります。HTML5に対応したブラウザであれば、タブレット、スマートフォンからでもアクセス可能です。
(オンライン研修後3か月間利用可能です)
こちらのデモで内容を事前にご確認ください。
4種類の問題すべて8割以上正解することで、研修は修了となります。(無料再試験制度の対象となります。)
※練習問題の紙やデジタルデータでの提供は行っておりません。予めご了承ください。

4.試験受験
ITIL4ファンデーション認定試験は、以下の4つの方法で受験できます。(研修修了後3か月以内にご受験ください)
1.弊社試験センター(東京・日本橋浜町大阪・新大阪)にて、受験(平日夜間・土曜午後)
2.PeopleCertオンライン監督試験(OLP)で受験(24時間365日受験可・ただし試験監督と英語でのコミュニケーション、英語の身分証明書が必要、動作環境等詳細はこちらでご確認ください。)
※一部の時間帯で日本語対応試験監督の試験を受験できるようになりました。詳細はこちらでご確認ください。
3.プロメトリック試験センターで受験(無料再試験制度対象外)
4.出張試験で受験(5名様以上同時に受験の場合のみ、応相談)

【ITIL4ファンデーション認定試験】

  • 試験問題数 40問
  • 制限時間 60分
  • 合格基準 26問以上正答(65%以上)
  • 出題形式 多項選択式(4択)

お問い合わせはできるだけ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ フォームからお問い合わせができます。