受験する部屋等
・試験セッションが終わるまでの間、室内に自分しかいないこと(第三者が入室できないようになっていること)
・外部からの騒音が無いこと
・ 室内の照明は適切で光が直接カメラに当らないこと
・机の上が整頓され、持ち込みが許可されているマニュアル以外にメモや書籍、ノートなどが無いこと
(書籍等は、受験中に座った状態で手の届かない本棚等に収納してあれば問題ありません。また、試験に無関係のポスター、写真等が壁に貼られているのは問題ありません。)
※試験中に他の人の出入りがないかを確認するために、受験時のカメラの位置から出入り口が見えるようになっている必要があります。
・システムトラブル等発生などの緊急連絡用に試験監督と連絡を取るための携帯電話・スマートフォン(個人情報登録に登録した番号のもの)を用意する必要があります
・試験受験時に計算等を行うための白紙の紙4枚までと筆記用具の持ち込みが許可されております。
・PRINCE2プラクティショナでは、公式書籍持ち込みが許可されています。
・ITIL の試験を母国語以外での受験の場合は、辞書の使用が許されています。

Windowsの場合
試験実施用のアプリケーション「ExamShield」はマイクロソフトストアからダウンロードできますので、事前に動作確認しておくことをお勧めいたします。
コンピュータが次のシステム要件を満たしている必要があります。
・ Windows® 11、Windows® 10(Windows 10S は非対応)、Windows® 8.1、Windows® 8。
 注)ExamShield Microsoft Store 版は、Windows 10 バージョン 17763 以降のみ利用可能
・ インターネット エクスプローラ バージョン 10 以降
・ デュアルコア 2.4GHz 以上の CPU (4 GB の RAM を使用)
・ 4Mbps 以上のアクティブなフルタイム/ブロードバンドインターネット接続
・ 画面解像度 1024 x 768 以上の 16 ビット モニタ (13 インチ以上)を使用
・ 高解像度の場合には、1920×1080 程度へ解像度を受験前に変更してあること
・ キーボードとマウス、または他のポインティング デバイスを使用
・ Web カメラ (埋め込みまたは外部)。プロクター(試験監督官)が指示した時に、部屋の全体を見せるために)デバイスを回転できること
・音声入出力の環境 内蔵または外部のマイクとスピーカー

MacOSの場合
・macOS Sierra (10.12) , High Sierra (10.13) or macOS Mojave (10.14) , MacOS Catalina
(10.15), MacOS Big Sur (11)
・画面解像度が 1024×768 以上(高解像度の場合は 1920×1080 へ設定してください)
・ Mac 対応のウェブカメラとマイク(Mac Mini と Mac Pro 用)
・ 4Mbps 以上のアクティブフルタイム/ブロードバンドインターネット接続
・キーボードとマウスまたはその他のポインティング デバイスを使用
・Web カメラ (埋め込みまたは外部)。プロクター(試験監督官)が指示した時に、部屋の全体を見せ
るために)デバイスを回転できること (例:MacBook を持ち上げて部屋全体をみせられること)
・音声入出力の環境 内蔵または外部のマイクとスピーカー

テレワーク比率を高めておりますので、担当者が不在のことが多々あります。お問い合わせは電子メールにてお願いします。info@itstrategy.jp営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせフォーム フォームからもお問い合わせができます。