PeopleCertオンライン監督試験(PeopleCert Online Proctoring Exam:OLP試験)で利用可能な本人確認書類(身分証明書)は以下の通りです。

弊社試験会場、プロメトリック、PeasonVUEなどの試験センターで受験する場合と、OLP試験では利用できる本人確認書類が異なります。
また、受験時に選択する試験監督言語によっても取り扱いが異なりますので、十分ご注意ください。

■グローバル規約(すべての受験者に適用)

政府発行の公的書類において、英語で受験者氏名のフルネーム、生年月日、顔写真が記載印字されているもの1点(例:パスポート)

【注意】
小型船舶操縦免許証、無線従事者免許証など上記条件を満たしている公的書類はほかにも存在しますが、世界的に知られていない書類(身分証明書)ですと、試験監督が真偽を確認することが困難で、確認に時間がかかったり、本人確認ができないと判断される恐れがありますので、できるだけパスポートをご利用ください。
カメラを通したリモートでの確認となりますので、会場受験時の対面での確認以上に慎重な確認を行います。

■試験監督言語を日本語として予約した場合(日本向け標準対応)

グローバル規約の本人確認書類に加えて、日本の運転免許証、マイナンバーカードも使用可。(1点のみで可)

■上記の本人確認書類を保持せず、試験監督言語を日本語として予約した場合の特例対応(日本向け例外対応)

下記のリストから2点を保持していることで受験可能(試験時に2点を提示)

・戸籍謄本(発行後3ヶ月以内)
・住民票(発行後3ヶ月以内)
・写真付住民基本台帳カード
・障害者手帳
・年金手帳
・健康保険証
※PeopleCertのサイトでは上記書類に加えて、在留カード、特別永住者証明書もリストに掲載されていますが、この2点はグローバル規約に基づいた本人確認書類の条件を満たしていますので、ここでは記載しておりません。(1点で受験可能です)

■試験監督言語を英語として予約した場合の特例(事前承認が必要)

グローバル規約に基づいた本人確認書類を保持していない方が、試験監督言語を英語として予約した場合、下記の特例対応の適用が可能となります。

試験予約後、受験日の3営業日前までに、PeopleCertのカスタマーサービス向けに以下の手順で、日本向け標準対応・日本向け例外対応の本人確認書類を電子的に送付し、かつ承認が得られた場合には本人確認書類として認められます。

 受験日の3営業日前(土日祝を除く)に以下のメールをお送りしください。
 宛先:CustomerService@peoplecert.org
 件名:英語試験監督での日本語本人確認書類の提出
 本文:氏名(英語)、電子メールアドレス、Exam ID
 添付:本人確認書類画像(2点必要なものは必ず2点添付してください)

※Exam IDは、予約完了時の確認メールに書かれております。(ポータルサイトでも確認可能)

折り返し、カスタマーサポートから受領・承認の連絡がまいります。

英語試験監督で日本語の本人確認書類を利用する手順

※社員証、学生証、クレジットカード、公共施設利用カード(図書館など)は、本人確認書類として利用できません。

本人確認書類についての不明点は、PeopleCertカスタマーサービスにお問い合わせください(CustomerService@peoplecert.org)

現在テレワーク比率が高くなっているため、お問い合わせはできるだけ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ フォームからお問い合わせができます。