ITIL4ファンデーション(正式名称:ITILファンデーション ITIL4エディション)は、ITIL4体系の基礎として必要な知識をまとめたものです。

主要な項目は以下の通りです。

・サービスマネジメントの主要概念
 価値共創、利害関係者の定義、製品・サービス、成果、コスト、リスクなど基本概念の定義

・サービスマネジメントの4つの側面
 組織と人材、情報と技術、パートナとサプライヤ、バリューストリームとプロセス

・サービスバリュー・システム
 機会・需要・価値、従うべき原則、ガバナンス、サービス・バリューチェーン、継続的改善

・管理プラクティス
 一般的マネジメントプラクティス(14)、サービスマネジメントプラクティス(17)、技術マネジメントプラクティス(3)

ITIL4ファンデーション認定試験では、これらの内容について、知識があるか?(ブルームレベル1)理解しているか?(ブルームレベル2)が問われます。
(書籍全体ではなく、書籍の中で重要な点についてのみ出題されます。)

ITIL4ファンデーション認定試験試験要綱

出題数40問
出題形式多項選択式(4択)
制限時間60分(母国語以外での受験は75分)
合格基準26問以上の正解(65%)
持込み不可
受験前提条件なし
資格有効期限なし
ITIL4ファンデーションの認定証(合格証書)は、ITILファンデーション(V3-2011エディション)と同一です。(左下に「ITIL 4 Edition」印字されています。受験された言語の表記もありません)

学習方法
公式書籍使っての独学だけでも試験に合格することは可能かと思われます。

しかし、書籍を読んだだけでは、その意味することや実務への活用の方法等実践力まで身につけることが難しいと思います。

ITIL4に関する知的所有権を保有するAXELOSでは、認定を受けた公式トレーニング(研修)の受講を強く進めております。

認定トレーニングはAXELOSが策定したシラバス(試験範囲)を効率よく学習していただくことが可能であるのにくわえて、認定トレーナ(講師)の実体験に基づく具体的事例を織り交ぜた講義が展開されより理解度を深めることが可能です。

また、認定トレーニングの最後には、ファンデーション認定試験が実施されますので、別途試験申込手続きをすることなく、研修・試験をワンストップでお受けいただけます。

弊社ITIL4ファンデーション関連サービス
ITIL(V3)学習者向けITIL4ファンデーション研修
(AXELOS・Peoplecert認定)
ITIL4ファンデーション試験受験(Peoplecert認定試験センター)
ITIL4ファンデーション公式書籍販売(現在先行予約受付中)
ITサービスマネジメント入門セミナー(無料)
ITIL4実践セミナー(無料)

(参考)ITIL4に関係する組織について
ITILは英国政府が中心となって策定されましたが、現在は英国政府と民間企業の合弁会社「AXELOS」が商標権・知的所有権を保有しております。
また、試験配信・教育機関認定はAXELOSより委託を受けたPeoplecert(ギリシャ)がおこなっております。
実際の現場での研修実施・試験配信は、Peoplecertの認定を受けたATO(認定教育組織)及びAEO(認定試験組織)が実施しております。
(以前は認定を受けていない教育機関でも研修実施していましたが、現在は認定を受けていない研修機関での研修実施はAXELOSの保有する商標権・知的所有権の侵害に当たるとして事実上禁止されております)

弊社IT&ストラテジーコンサルティングは、Peoplecertの認定を受けたATO・AEOとしてITIL研修に関する研修および試験を提供しております。
(AEOとしてはプロメトリック様・ピアソンVUE様と同じ立ち位置になります)

ITサービスマネジメントおよびITIL

お気軽にお問い合わせください。03-5651-1755受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ