概要「中核的な」サービスマネジメント・アクティビティについて取り上げる。さらに、従来の ITILの範囲を拡張し、サービスの「作成」までを扱う。明確な形で業務手法を変更したいと考えている者の次のステップとして適切。
対象者IT対応のデジタル製品およびサービスの運用を管理する IT実務者。また、これらのサービスのエンドツーエンドの提供およびサポートを担当する実務者も対象とする。
対象プラクティス変更実現、展開管理、インシデント管理、ナレッジ管理、モニタリングおよびイベント管理、問題管理、リリース管理、サービスデザイン、サービスデスク、サービスレベル管理、サービスの妥当性確認およびテスト、ソフトウェア開発および管理
書籍の目次・ITおよびサービスマネジメントにおけるプロフェッショナリズムの進化
・サービスを作成、提供、サポートするための情報と技術の利用
・サービスを作成、提供、サポートするためのバリューストリーム
・仕事優先順位付けとサプライヤ・マネジメント
研修受講の効果クラス最高のIT対応サービスを構築および維持する
顧客の需要の増大に対応するサービスを実現する
変更の実施中にも安定性および信頼性の高いサービスを維持する
技術と働き方に関する最新情報を入手する

お問い合わせはできるだけ電子メール(info@itstrategy.jp)または問い合わせフォームからお願いします。03-5651-1755営業時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く]

お問い合わせ フォームからお問い合わせができます。